MENU

尿酸値を下げる効果的な方法!【尿酸値が高い方は必見】

尿酸値を下げるのに効果的な方法を紹介したいと思います。

 

贅沢病とも呼ばれる痛風は、尿酸値が高くなることで発症するとされていますが、尿酸値を下げるのに効果的な方法はあるのでしょうか。

 

尿酸値が高い原因

尿酸とは、プリン体の多い食べ物や飲み物を摂取して細胞が壊れた時などにそれを利用して代謝を行ったり、エネルギーを作り出すことで生産されるプリン体の老廃物のようなものです。

 

基本的には尿として排出されるものですが、うまく排出されずに体内の尿酸の濃度が上がってしまうと足の付け根が急に痛んだり尿路結石ができたり腎臓の働きが悪くなることが考えられますので、症状が悪化したり通風を発症しないうちに早めに改善していくことが大切となります。

 

では、尿酸値を下げる効果的な方法について考えてみましょう。

 

尿酸値を下げるには食事の改善が大事

尿酸値を下げるのには、尿アルカリ性食品を積極的に摂取するのが良いとされています。

 

尿酸は、尿がアルカリ性になると尿の中に溶けやすく排出されやすくなりますので、ヒジキやわかめなどの海藻類、サトイモ、サツマイモ、ジャガイモなどのイモ類、バナナやグレープフルーツ、メロンといった果物、ホウレン草やニンジン、ゴボウといった野菜をバランスよく摂取するのが良いでしょう。

 

また、高くなる原因として運動不足や精神的ストレス、アルコールの多量摂取や食生活の問題などがあげられますが、その中でも肥満体質になってしまうと尿酸が上がりやすい傾向にありますので、適度な運動を心がけて太りすぎないようにしましょう。

 

水分摂取が尿酸値を下げる鍵

そのほかには、1日2リットルを飲むのを目安に水分を大目に摂取することも大切です。
たくさん水分をとればその分尿に混じって尿酸は排出されますので、一度に飲むのではなくこまめに水分補給をしていくようにしましょう。

 

ただし、いくら水分で利尿作用があるからといってもビールなどのアルコールは返って上げてしまうことにつながります。

 

特にビールは、アルコール類の中でも最もプリン体が多い飲み物なのでなるべく控えるようにするのが望ましいといえるでしょう。

 

このように、実は自分で意識して過ごすことでも体内の尿酸を増やさないようにすることはできますので、痛風を発症したくない人は毎日の生活の中で心がけながら過ごしていくことをおすすめします。

 

あまりに症状が悪化してしまうと医療機関において尿酸値を下げる薬を処方されて長期的に服用する必要が出てきますので、健康を維持するためにも日常生活の中で気を付けながら生活してみてはいかがでしょうか。